自動車産業予測調査レポートが発刊

2018/01/19 18:00:00  情報提供企業:ドリームニュース

株式会社データリソース(東京都港区)は総合技研株式会社が出版した調査レポート「2018年版 2030年における自動車産業予測」の販売を開始いたしました。

総合技研株式会社が出版した「2018年版 2030年における自動車産業予測」は、2030年までの自動車を取り巻く環境の変化と自動車の今後の需要予測、自動車産業のグローバル化、エレクトロニクス化、次世代エコカーの普及予測と技術動向などに関して、総合技研と大学、研究機関の有職者等とプロジェクトを組み、調査を行った結果を提供しています。

調査項目

1.自動車産業を取り巻く環境

1)経済
世界主要国の経済成長率推移
世界主要国のGDP推移

2)産業構造
3)人口構成
日本の将来人口
日本の年齢区分別将来人口
世界人口の推移

4)ライフスタイル
5)交通及び道路計画
6)エネルギーの現状と将来動向

2.自動車生産台数の現状と予測

1)日本の自動車生産台数予測
2)世界の自動車生産台数予測 (全体、地域別)

3.日本、米国、欧州、アジア等の自動車市場
1)日本の自動車販売台数予測

4.日本の自動車輸出台数の現状と予測
1)日本の自動車輸出台数予測
2)日本の仕向地別自動車輸出台数予測
3)日本の車種別自動車輸出台数予測

5.自動車保有台数予測
1)日本の自動車保有台数予測
2)世界主要国の自動車保有台数予測

6.車両構成2030年予測
1)カテゴリー別販売台数 (2015年、2016年、2017年)
2)カテゴリー別需要予測 (2030年予測)

7.各装備予測
1)装着率予測 (国内生産台数ベース)(CVT、電動パワステ、車間距離レーダー、LEDヘッドランプ、パワースライドドア、パワーバックドアなど)

8.カーメーカーの動向、展開
1)日、米、欧競争力比較
2)自動車産業のグローバル化・再編成の方向性
3)世界戦略車の動向、考え方
5)各カーメーカーにおける2030年に向けての考え方

9.技術革新
1)自動車を取り巻く2018~2030年までの技術革新
2)カーエレクトロニクスの動向
3)電気自動車・プラグインハイブリッド車・燃料電池車等の次世代エコカーの技術動向と普及予測 (EV、PHVのグローバル生産台数予測など)
4)自動運転車の動向(2030年予測)

10.材料
1)アルミ化の動向
2)マグネシウム化の動向
3)樹脂化の動向

このレポートについて

2018年版 2030年における自動車産業予測
出版社:総合技研株式会社
出版年月:2018年1月
https://www.dri.co.jp/auto/report/sg/sgautoind.html

総合技研株式会社について

株式会社データリソースは総合技研株式会社の販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/index.html

このプレスリリースに関するお問合せ

株式会社データリソース (総合技研株式会社 正規販売代理店)
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp


データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm/

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html


記事元:ドリームニュース

PAGE TOP